栄養補助食品二位いての考え方 研究開発と製品化の流れ
タブ・ハウス
0120-326-236 受付時間:午前9時〜午後5時 ※ご注文は土・日・祝日もお受けいたします。※お問合せは平日のみとなります。
訪問販売法に基づく表記
HOME 訪問販売に基づく表記 個人情報保護法 サイトマップ
 
由紀さおり
歌えるかぎり、歌手として
人生を生ききりたい

歌手生活40 年目の今年、アルバム『いきる』を発表された由紀さん。「過去の集大成ではなく、まだまだ新しいことに挑戦したいと思って作ったの」とおっしゃった時の笑顔が晴れ晴れと美しいこと!日々輝いて「生ききる」ための秘訣を伺いました。
Vol.37(2009年8月)
節目の年、
「21世紀の歌謡曲」を歌う

姉とは童謡・唱歌を長く歌い続けていますが、ソロとして活動する時の私は「歌謡曲」の歌い手です。ところが昨今、日本の歌は「Jポップ」か「演 歌」、という区分けが一般的になって、歌謡曲はそのどちらにも入れない歌になってしまいました。しかも、今のアーティストの方は自分で詞や曲を作って歌われる方たちばかりなので、若いプロの作詞家や作曲家が活動しにくいために、新たな歌謡曲も生まれないという状況…。それなら、歌手生活40年目の節目に、私が自分で「21世紀の歌謡曲」というジャンルを追求してみましょう、と思い立って、『いきる』というアルバムを作りました。

人間の喜怒哀楽を超えた歌というか、感情を濾過して残った岩清水みたいな世界観をもつのが童謡・唱歌なら、歌謡曲は生身の女の歌です。私は死ぬ まで女でいたいと思っていますので、アルバムにも女性ならではの情感こもる曲を収めています。

歌を歌うとき、私は日本語のきれいな響きや抑揚などをきちんと伝えようと心します。それは歌謡曲でも童謡でも同じです。そこに書かれた歌詞だけでなく、余白の部分に込められた気持ちを届けたい。余韻、余白を重んじるのが日本の文化なのに、近頃は言葉の向こう側にある意味を解するという大切なことが忘れられている気がしますね。日常会話のような歌、造語のような歌詞には、リズムがあって魅力的な作品も多いけれど、子どもたちには美しい日本語で書かれた歌も知ってほしいと思っています。

自分の幼少時代の歌を次世代の子どもに伝える意味

歌手で人生を全うしようと決めてからは、「生ききる」という気持ちで毎日を送っています。食事、運動など健康面に配慮するのはもちろんですが、 1日24時間を1秒たりとも無駄にせず有効活用したい、と。ですから、仕事がない日も家でじっとしていることはまずありませんね。用事がなくてもちょっと外出し、季節や街の変化を感じる。アンテナを張って「面白そう!」と何にでも興味をもつように心がけています。例えば、歩いている人やお店 のウインドウを見たら、私の年齢でどこまで今どきのお洒落を取り入れられるか、と実際に試してみるんです。楽しいばかりでなく、心身の活性化にも なるのでおすすめです。

また、元気にお過ごしいただくために、私はシニアのみなさんには歌を歌っていただきたいと思っています。歌えば、まず気分が変わります。それに 歌で気持ちを表現・発散することが、体にはとてもよいのです。

みなさんが子どもの頃に習った歌、きれいな日本語の歌を、ぜひお孫さんやそのお母さんに聞かせてあげてください。今、お子さんやお孫さんがいる ご家族の方が歌わなければ、日本の財産とも言える昔のよい歌は消えていく運命にあります。おじいちゃま、おばあちゃまが知らない歌を歌っていると 思われてもいい。ある時お孫さんが耳にして、「おじいちゃんの歌だ」と気づく。こういうことがご家庭の歴史に繋がっていきます。

私も、今年からボランティアで幼稚園を訪問して、お母さま方に「あなたの声は子どもの宝物。あなたしか残せない歌を残してください」とお伝えし てまわっているところなんですよ。

 
 

子ども時代より童謡歌手として活躍。1969年「夜明けのスキャット」でデビュー後は、「手紙」「恋文」などヒット曲多数。女優としての活動も目覚ましい。1986年に姉・安田祥子さんとの「童謡コンサート」、2002年には童謡・唱歌を次世代に繋ぐ「手づくり学校コンサート」を開始。今年芸能生活40 周年を迎え、3月に25 年ぶりの企画アルバム『いきる』をリリース。歌謡曲への活動にも力を入れ、11月11・12日には、東京国際フォーラム・ホールC にて、40 周年記念コンサートを行う。

タブ・ハウス有限会社 Copyright (c) 2009 Tub House Inc.. All rights reserved.

 

HOME