栄養補助食品二位いての考え方 研究開発と製品化の流れ
タブ・ハウス
0120-326-236 受付時間:午前9時〜午後5時 ※ご注文は土・日・祝日もお受けいたします。※お問合せは平日のみとなります。
訪問販売法に基づく表記
HOME 訪問販売に基づく表記 個人情報保護法 サイトマップ
 
八代亜紀さん
一生懸命に頑張ると喜んでもらえる。
それが嬉しくて、また頑張れる。

いま、“演歌の女王”八代亜紀さんが歌うジャズが話題になっています。本格的なジャズアルバムのリリースとニューヨークでの公演。演歌とジャズの違い、ご自身の健康法や人生観についてお話を伺いました。
Vol.52(2013年5月)

今年の3月27日、ニューヨークの名門ジャズクラブ「バードランド」で、ジャズシンガーとしてのライブを真剣勝負の“ガチンコ”でやってきました。500枚のチケットは、2日間でソールドアウト。立ち見が出る程の大盛況で、「バードランド」のオーナーからは、今度は1週間やって欲しいといわれました(笑)。

きっかけは、昨年ジャズのスタンダードナンバーをカヴァーした『夜のアルバム』を発表したことで、それからジャズコンサートのオファーが増え、このライブが実現しました。

グラミー賞を受賞されている歌手のカート・エリングさんが今回演出してくれて、オープニングはいきなり『雨の慕情』をアカペラで歌いました。その後は、『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』『ジャニー・ギター』『枯葉』など。終盤には私が十代の頃から憧れていたヘレン・メリルさんがゲストに来てくださったんです。82歳で現役最高齢。でも、存在感は凄いですね。彼女の大ヒット曲『ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ』と私の故郷の『五木の子守唄』をデュエット。そして最後に、『舟唄』をど演歌”で歌わせていただきました。こぶしを入れて。これがまた凄く盛り上がったんです(笑)。

私って、演歌を歌う場合、歌の世界に入るためにあれこれ考えたりしないんです。舞台裏で衣装を着替えていても、「今晩の食事って何?」って聞いたりして(笑)、ところが舞台に出でイントロが流れると、一瞬で顔と性格が変わるみたいで(笑)、その歌詞の世界に入っちゃう。ですから、演歌では、私は代弁者だと思っています。だって、経験がどの歌にも当てはまらないんです。「捨てられて、泣かされた」経験はないですから(笑)。

その点、ジャズは演歌の伴奏とは違い、バンドの方々と共演している感じで自由に歌えますし、銀座のクラブで歌っていた、十代の自分に戻れるんです。

ヘレンさんにお会いして、新たな目標ができました。82歳まで現役で歌っていたいと。演歌もジャズもです。それには、健康でいないとだめですよね。特に膝とか関節とか脚が悪くなると病気になってしまうので気をつけています。今も、1日に2時間のステージを2回、年間100日近くのコンサートをやらせていただいていますが、ヒールの靴を履いて階段を上ったり降りたりするので、脚から疲れてしまうんです。

でも、運動不足なんです(笑)。コンサートで全国を飛び回っているので、休みの日は外に出るのが嫌で、家の中でじっとしていたいんです。次の日の仕事が午後からだったりすると、テレビを見ながら夜更かしするのが楽しみで、お陰さまで家には通販で買った健康器具がいっぱい。どれも三日坊主ですが(笑)。でも、唯一続いているのが足踏み。3年前に買ってからずっとやっています。朝起きて100回、夜寝る前に100回。1日も欠かしたことはないです。コンサートも全然楽になりました。もちろん、今回のニューヨーク公演にも持っていきました(笑)。

今、半生を振り返って、悔いはないですね。歌手として凄く恵まれていたと思います。いい出会いはもちろん、悪い出会いも、どれもなくてはならない経験だと思っています。悪い出会いは、反面教師として活かしていけばいいと。

一生懸命に頑張ると周りの人に喜んでもらえる。喜んでもらえると、嬉しくなる。このキャッチボールを繰り返して生きて来ました。これからもそうやっていくと思います。お互いに、「ありがとう」って言い合える日が、一番幸せな日だと思いますから。

 
 

1950年生まれ。熊本県八代市出身。1971年デビュー。「愛の終着駅」「もう一度逢いたい」「舟唄」等、数々のヒットを記録し、「雨の慕情」で第22回日本レコード大賞・大賞を受賞。また、画家としてフランスの由緒ある「ル・サロン展」に5年連続入選を果たし、永久会員となる。2012年、初の本格ジャズ・アルバム「夜のアルバム」と新曲「追憶の面影橋/五月雨の道」をリリース。今年ニューヨークで初のジャズライブを行う。

タブ・ハウス有限会社 Copyright (c) 2009 Tub House Inc.. All rights reserved.

 

HOME