栄養補助食品二位いての考え方 研究開発と製品化の流れ
タブ・ハウス
0120-326-236 受付時間:午前9時〜午後5時 ※ご注文は土・日・祝日もお受けいたします。※お問合せは平日のみとなります。
訪問販売法に基づく表記
HOME 訪問販売に基づく表記 個人情報保護法 サイトマップ
 
今井通子さん
自然とのふれあいから、
人間としてのスキルを上げる。
医師であり、女性初の欧州アルプス三大北壁完登者として世界にその名を知らしめた今井通子さん。当時から高所でのヨーロッパの人々の過ごし方に興味をもち、現在、健康を目的にした自然散策ツアーをライフワークにされています。そんな今井さんに、「自然が人間に与えてくれる大切なもの」とは何か、伺いました。
今井通子さん
Vol.54(2013年11月)

小さい頃から、休みといえば父に連れられて山へ行くことが多かったせいか、自然はとても身近な存在。週末は近くの山へ行き、夏は山の家で暮らし、冬はスキーが当たり前でした。

欧州アルプスを登攀することになったのは、大学で山岳部に入り、医学部5年生のときに岩登りのスピード感に楽しさを覚えたのがきっかけです。

もちろんどんなに準備していっても、山に危険はつきもの。欧州アルプスは山が古く、その分、岩がもろいんです。落石が背中に当たり、「もしや腎破裂か?」とヒヤッとしたこともあります。ですが、本業が医者であり、そこは対処・判断しながら登頂を目指しました。

雨の中を25時間、休まず岩を登り続けたこともありますが、三大北壁登攀に成功できたのは、一重にチームワークのよさ。自然が大きいから、全員が同じ想いで協力し合わないとやっぱり進めない。一人ずつザイルを確保し、7時間かけて全員がアイガーの山頂に登りきったときは、感動と涙でいっぱいでしたね。

 

初のアルプス遠征でカルチャーショックだったのは、山を登っている人が少なかったこと(笑)。日本人なら、「山は山頂まで登る」のが普通でしょう? なのに彼らは、丘陵地帯のベンチに座ってピクニックしていたり、森をのんびり歩いていたり。すぐに登れる山が目の前にあるのに、「なんで?」と思いました。あとでわかったことですが、ヨーロッパでは18世紀の産業革命後、急激に都市化が進み、環境汚染が始まったことから、経済の発展と同時に余暇は自然とふれあうことが推奨されていたんです。

一方の日本は、戦後の焼け野原から、いきなり経済至上主義に突入し、自然との付き合いがすっぽり抜けたまま。「このヨーロッパスタイルを日本人に見せてあげたい」と思ったのが、トレッキングツアーをライフワークにしようと決めたそもそもの理由です。

また、彼らは湖の近くなどにサナトリウムをつくって、大気汚染物質の影響を受けた人たちを治療していました。日本にも古くから「転地療法」がありますが、自然が人間の健康や自然治癒能力と無関係ではないことを当時の人たちは知っていたのでしょうね。

今ではそのことが科学的にも証明され、ストレス緩和はもとより、NK細胞と呼ばれるウィルス感染細胞や、一部の腫瘍(癌)細胞を認識傷害する細胞、及びNK細胞が放出する、パーフォリンやグランザイムなどのたんぱく質が活発化し量も増えるという結果が出ています。2日間、森林セラピーをすれば、1ヶ月間は体がいい状態を保てることもわかってきました。

自然が人間に与えてくれるのは、自然治癒力だけではありません。自然という千差万別の造形の中に自分を投げ出すことで、「丸」「三角」「四角」の人工物だらけの都会とは違う脳の働きを呼び覚ましてくれますし、安全が保障されていないからこそ発達する能力がたくさんあります。体力、気力、発想の転換、チャレンジ精神、防御本能、創意工夫……しかしこれらは、逆に言えば自然とともに生きていた頃には誰もが持っていたもの。自然から離れることでこうした能力を失うのは、とても怖いことでもあります。

「でも、私にはトレッキングは体力的に難しい」という人には、森林セラピーがお勧め。森林の中を歩くのですが、ガンガン歩いて目的地へ向かうのではなく、癒し効果の高い森の中をゆっくり散策したり、寝転んだりできる「森林セラピー基地」が、今、全国に53カ所もあるんです。 適度な運動や食事ももちろん大切ですが、自然に身を置くことで、五感が磨かれ、人間としての能力が上がり、本当の健康を手に入れることができます。一度、森へ出かけてみてはいかがですか?

 
 

1942年、東京都生まれ。66年、東京女子医科大学卒業。在学中に山岳部に入部し本格的に登山を始める。67年、女性パーティとして欧州アルプス・マッターホルン北壁登攀に初成功。69年、アイガー北壁、71年、グランドジョラス北壁と、女性初の欧州三大北壁完登者となる。79年、ネパールヒマラヤ・ダウラギリの三山縦走登山隊長。85年、エベレスト中国側チョモランマ峰北壁に挑み、冬季世界最高到達点を記録。現在も国内外のトレッキングツアーを広めるなど活躍は多岐にわたる。

タブ・ハウス有限会社 Copyright (c) 2009 Tub House Inc.. All rights reserved.

 

HOME