栄養補助食品二位いての考え方 研究開発と製品化の流れ
タブ・ハウス
0120-326-236 受付時間:午前9時〜午後5時 ※ご注文は土・日・祝日もお受けいたします。※お問合せは平日のみとなります。
訪問販売法に基づく表記
HOME 訪問販売に基づく表記 個人情報保護法 サイトマップ
 
西城秀樹さん
スーパースターとしてではなく、
今、できることを、精一杯。
二度の脳梗塞と闘い、ステージに復帰した西城秀樹さん。歌唱力は健在。しかし、毎日のリハビリは苦労の連続だといいます。
「自分は一人の病人」と語る西城さんの“今”を、
ありのままに語っていただきました。
西城秀樹さん
Vol.54(2013年11月)

「もう以前の自分ではないんだな」と、一度目のときに思いました。でも、僕はめげないタイプなんですよ(笑)。こうなった以上、状況を受け入れるしかない。その上で、やれることをやっていこうと。しかし、二度目は後遺症も出ましたし、さすがにショックで落ち込みました。

今もまだきれいに歩けませんし、言語機能も回復していません。だからリハビリをがんばっています。そのリハビリも、ハードルは低い。だけど、それができないから大変なんです。なんで俺がこんなことをやらなきゃいけないんだって、プライドが邪魔してリハビリが進まなかった時期もありました。

結局、「自分は西城秀樹じゃない、一人の病人なんだ。治すには毎日のリハビリしかない」と腹をくくるまでに半年ぐらいかかったかな。そこに打ち勝つのは、やはり並大抵ではありませんでしたね。

 

今も変わらずステージに立っています。コンサートも元気なときのようにはいきませんが、自分のできる範囲で一生懸命。アクションも大きくはないけど、その分、みんなに満足してほしいという“気”は思いっきり出しているつもりです。

そのせいか、お客さんも感動してくださる方が多いですね。二度目の脳梗塞の9カ月後に、ブラジルへコンサートに行ったんですよ。飛行機の中では足の筋肉がかたまってしまって本当に大変だった。でも、僕のことを4000人のファンが待っていてくれたんです。みんな泣きながら一緒に歌ってくれて、僕も感動しまくった。ここまで来てよかったと、心の底から思いました。

それに、ステージというのは、不思議な力が出てくるんです。普段はうまくしゃべれないことも、ステージだといい緊張があって、ちゃんとろれつがまわるし、歌もしっかり歌えます。メロディを歌うと、「きみがー」「のぞむならー」と、自然と長音(母音をのばしたもの)を表現できるので、言葉が引っかからずにスムーズに出るんです。ただし、早いテンポの曲よりバラードが気持ちいい(笑)。ステージに上がるたび、客席からパワーをもらって、自分も元気になるような気がしています。

今の日課は、午前中に近所の公園を4周歩き、ストレッチをして、午後は松下幸之助さんなど著名人が残した名文を音読すること。時間を決め、体内時計を動かすようにメニューをこなす。とにかく継続することが大事で、今日ぐらいはいいだろうと自分を甘やかすと効果がなくなるんです。だからといって、今日、明日で目に見える変化があるわけではないけれど、この病気は、ミリ単位、年単位でよくなるものですからね。あとは、食事と水にも気を配っています。一日1500キロカロリー、水は1日1.5〜2リットル飲むようにしています。

本音を言えば、今日は動きたくないと思う日もあります。でも、重い腰を上げれば何とか頑張れる。一歩を踏み出すことが大切ですよね、踏み出したら、もうやるしかない。その繰り返しです。

病気発症前を100としたら、今は70ぐらいまで戻ったかな。でも、がんばりすぎは禁物。若い頃は100やれと言われたら120%やっていたけど、今は70%を目標にがんばっています。すると、いい意味で余裕が出て、70がときには90になり、100を超えるときもある。

それがまさに、コンサートのときの自分じゃないかな。実は、小学校4年の長男を初めてステージに出したんです。彼はドラムを叩くんですが、なかなかどうして上手いんですよ(笑)。練習にも毎日熱が入っていますし、将来は音楽の道に進むかもしれないですね。僕もゆっくりですが、がんばる親父の背中を見せてあげなきゃと思っています。

 
 

1955年、広島県生まれ。16歳でデビューし、瞬く間にトップアイドルの座に上り詰める。歌手としての活動以外にも、ドラマ、映画、CMなどで活躍。日本初のスタジアムコンサートや日本人初のアジア進出などで話題をさらった。2003年、公演先の韓国で脳梗塞を発症。復帰後、順調に活動を続けていたが、2011年暮れに脳梗塞を再発。リハビリに励みながら翌2012年、再び復帰を果たした。著書に『ありのままに〜「三度目の人生」を生きる』(廣済堂出版)などがある。

タブ・ハウス有限会社 Copyright (c) 2009 Tub House Inc.. All rights reserved.

 

HOME