タブハウス
0120-326-236 受付時間:午前9時〜午後5時 ※ご注文は土・日・祝日もお受けいたします。※お問合せは平日のみとなります。
シニアケア 体験談
「今はどこへでも行けるのが本当に嬉しい!」

白川様(72歳)
 販売の立ち仕事だったせいか、仕事を辞めてから調子がおかしくなりました。それで本を見たら、健康食品がたくさん紹介されているでしょう。迷ったんですけど、《シニア・ケア》は形が角のない三角形でのどにつっかかることなく飲みやすそうやし、「これなら!」と思ったんです(笑)。飲んでいるうちにとても気に入りました。お友だちにも薦めたら、彼女も愛用者に!
 今は毎日ウォーキングをしています。

あと毎月、明石市ウォーキング協会の月例会に参加して6キロ歩きます。最近、歩きは、主人のほうが熱心ですね。やっぱり仕事を辞めたらお腹がポッコリ…「なんか入っとるわ」なんて言うて、それで今では朝5時起きで出発、6時半ぐらいまで歩いてるみたいです。私は歩き以外に火曜日は体操、水曜日は高齢者大学、土曜日はグランドゴルフです。今はどこでも行けるのが嬉しいです。夫婦で旅行にもよく行きます。去年の夏は青春きっぷで敦賀へ行きました。暑いし遠かったぁ。ここまできたら、夫婦揃って80歳までは元気で歩きたいですね。元気でおらんと子どもがかわいそうやしね。

「今、青春時代をやり直しているみたい」

水嶋様(79歳)
 4〜5年前、つらくて寝返りも打てないほどの時期がありましてね。そんな折に、ある落語家さんが《シニア・ケア》を飲み続けて正座が楽になった、というお話を雑誌で読んだんです。さっそく私も試してみよう思い、始めました。それでしばらく続けていたらとても調子がよくなって…。おかげさまで、この頃はとても楽ですね。正座も普通にできるし、畑仕事もつらくなくなりました。私は青春時代が戦争中でしたからね。今好きなことをして、青春のやり直しをしているみたい。元気に動けることに毎日感謝しています。

「定年後の今こそ、楽しむことがいっぱいです!」

濱田様(65歳)
 5年前のある日のことです。突然調子が悪くなり、数日間歩けなくなったことがありました。それからは引きずりながら、やっとの思いでした。階段の上り下りは本当にイヤでした。定年後ということで "自分にお疲れさま" と企画した夫とのイギリス旅行も、つらさから楽しさは半減してしまいました。
 そんな時、雑誌で落語家の桂米丸さんが《シニア・ケア》について話されている記事を見つけたんです。気にはなったのですが、最初は半信半疑(笑)。でも、電話窓口の方がとても丁寧に教えてくれたので、信用してみる気になりました。飲み始めて3ヶ月の頃、ふと階段をスムーズに上っている自分に気づいて驚きましたね!今ではお茶の席で3時間正座しているのも平気ですよ。

 
 
タブ・ハウス有限会社 Copyright (c) 2009 Tub House Inc.. All rights reserved.
HOME 訪問販売に基づく表記 個人情報保護法方針 サイトマップ 栄養補助食品二位いての考え方 研究開発と製品化の流れ 初めての方はこちら 会員の方はこちら オンラインショッピングのご利用ガイド