栄養補助食品二位いての考え方 研究開発と製品化の流れ
タブ・ハウス
0120-326-236 受付時間:午前9時〜午後5時 ※ご注文は土・日・祝日もお受けいたします。※お問合せは平日のみとなります。
吉沢久子の老いを楽しむイキイキコラム
HOME 訪問販売に基づく表記 個人情報保護法 サイトマップ
 
右上/ジャム・右下/ワイン煮・左上/田楽味噌かけ・左下/生ハムを巻いたいちじく
以前は東京でも庭のある家には、いちじくの木をよく見かけたものでした。北側の日当たりのよくないところでも、秋の気配のただよう頃になると、大きな葉の間から、色づいているいちじくが見えかくれしていました。小鳥たちがつついたあともあったりして小鳥たちもおいしいものはよく知っているのだと思ったものです。

  私のいま住んでいる家にも、いちじくの木がありましたが、小さな木のわりにはよく実りました。やはり小鳥たちは熟れかげんを見ているようで、いつも先に食べられてしまうので、くずれかけた実や未熟のものをいっしょにして、ジャムを作っていました。

 
  家の増築でいちじくの木はなくなりました。今は買って食べているのですが、パックされたものを買っても、未熟で味のないものがまじっていると、ワイン煮にしたり、コンポートにしてデザートにします。程よく熟れた実でも、ビールやワインのつまみに、生ハムで巻いたり、日本酒向きには甘めの田楽味噌をかけるなど、一品料理に使うのもお楽しみです。
  家にいちじくの木がある方は、鳥につつかれてくずれた実や、甘みのうすい未熟な実も、捨てずにおいしく食べて下さい。

コンポート
電子レンジを使って簡単にうす皮をむき、電子レンジに使える器に並べ入れ、砂糖、レモン汁、あれば香りのいい洋酒を少しふりかけ、ラップをかけてチンするだけです。冷してから召し上がれ。

ワイン煮
わざわざ新しいワインをあけて作ることはありません。赤白どちらでも飲み残りがあったときか、安いワインを料理用に使っている方なら、皮つきのまま、好みの量のワインと砂糖を加えて、中火以下でゆっくりと煮含めるだけです。煮汁はソースとして使いますから、残るように仕上げます。

ジャム
熟れたものはうす皮を手でむきますが、きれいに皮を取り除きます。全部を手でつぶして、その量の半分の砂糖を混ぜ合わせます。(いちじくの量がカップ一杯なら、砂糖はカップ半杯というわけです)しばらく置くと水分が出てきますから、それを待って火にかけ、いちじくが溶けてきて水っぽくなったら、火をゆるめ、適当な固さまで煮つめて火を止めればできあがり。あまり酸味がないので、レモンをしぼって加えるとおいしくなります。(ふわふわになったリンゴも、うす切りにしてジャムにどうぞ。同じ作り方です。無駄にしないで、おいしく食べ切ることをおすすめします。)
 
タブ・ハウス有限会社 Copyright (c) 2009 Tub House Inc.. All rights reserved.

 

HOME