栄養補助食品二位いての考え方 研究開発と製品化の流れ

タブ・ハウス
0120-326-236 受付時間:午前9時〜午後5時 ※ご注文は土・日・祝日もお受けいたします。※お問合せは平日のみとなります。
吉沢久子の老いを楽しむイキイキコラム
HOME 訪問販売に基づく表記 個人情報保護法 サイトマップ
 
吉沢久子さんに聞く〜季節にあった食材で健康管理

春野菜の瑞々しさは新しい命をもらうようにとても新鮮な感じがしますよね。それを是非食卓におおいに取り入れて欲しいんです。

白たまねぎ
春は白たまねぎ≠ニ言われる真っ白な新たまねぎが出てきます。今ね、私は新たまねぎに凝っているの。みじんに刻んで酢油ソースに漬けておくんです。酢と油の割合は、3:2、お塩を少々。小瓶に入れて使う度に振って混ぜます。冷蔵庫に入れて1週間は持ちますから色んなものに使えるわ。
お勧めは、プチトマトを半分に切ったものにかけてサッと混ぜるだけ。素晴らしく美味しいのよ。もちろん他のサラダ野菜にもとても合います。
それから、ポテトサラダに少し混ぜるととても美味しくなります。バターで焼いた魚にかけてもいいですね。

 たまねぎそのものが、血液サラサラ効果があったり、ポリフェノールを含んでいますから、体にいいですね。

ヨメナ飯
摘み草も春の命の芽吹きですね。ヨメナは若芽をちょっと摘んできていただきます。湯がいて少し水にさらし、細かく切っておきます。それを塩味をつけたご飯に混ぜるだけ。白ごまも入れましょう。お好みで少しお出汁をいれてみても…。ヨメナ飯も春の楽しみです。

夏みかんのお寿司
今の季節はちょうど夏みかんが出回っていますね。夏みかんの果汁って酸味が強いでしょ。その果汁をお酢のかわりに使った夏みかんのちらし寿司≠春は良く作ります。
お酢よりも優しい酸味なので、酸っぱいものが苦手な人にも好評ですよ。
夏みかんの絞った果汁を酢の代わりに使います。皮は包丁で薄く剥いで細かく刻みます。それに塩を少しふり、布巾に包んで、揉み、水にさらします。そうすると辛みが取れてみかんの皮の香りだけが残ります。その皮を酢飯に混ぜます。夏みかんはあまりワックスをかけないので、心配も少ないのでお勧めです。

シャキッと茹でたさやえんどう、木の芽や根三つ葉を入れた菜の花色の酢飯に、錦糸卵をたっぷりとかけて、さぁ春を召し上がれ!

 
 
タブ・ハウス有限会社 Copyright (c) 2009 Tub House Inc.. All rights reserved.

 

HOME