栄養補助食品二位いての考え方 研究開発と製品化の流れ

タブ・ハウス
0120-326-236 受付時間:午前9時〜午後5時 ※ご注文は土・日・祝日もお受けいたします。※お問合せは平日のみとなります。
吉沢久子の老いを楽しむイキイキコラム
HOME 訪問販売に基づく表記 個人情報保護法 サイトマップ
 
吉沢久子さんに聞く季節〜春を楽しむ一品〜

とっておきの焼き豚


 春は、卒業、入学、就職祝いといった形でなにかとお客さまをもてなすことが多い月です。不意の来客に食事を出す場合もありましょう。そんな時にも便利に使える一品を紹介しましょう。
 豚肉をかたまりのままで400グラム使います。たっぷりの塩、胡椒を塗りつけて一晩おき、凧糸でしばって形を整え、フライパンでよく油焼きしてから料理用のワインを入れ、ネギの青み、ショウガの皮などを香料として入れ、30分ほど煮込んでおくと淡白な味の焼き豚ができます。
 これは、端から切って使えば、かなり長持ちします。
 冷えてから薄切りにして、キャベツやレタスなどの細切り、または別の生野菜と盛り合わせ、からし酢味噌、からし醤油、マヨネーズなど、好みの調味料をいろいろ出しておくと、子どもから酒飲み、お年寄りまで、誰の口にも合うのでたいへん便利です。見た目も豪華な感じが出ますよ。
 豚肉は安いし、動物性食品には稀なビタミンB1の補給源でもありますしね。
 こういうものがひとつあると、食卓に人を誘うのも気が楽で、他につまみものや卵のお汁、ご飯と漬物があれば形も整い、気のおけない人なら、お惣菜用の煮物とか干し魚をいっしょに出せばにぎやかになります。
 焼き豚は一例ですが、お惣菜としても使え、保存食になるものを一品、何かしらたやさず作っておくと便利だと思いますよ。

おひたしを美味しくいただく

 おいしくひいたおだしに、醤油や煮切り酒を合わせたもので、茹でこぼした青菜や具を浸しておきます。たったそれだけのことなのに、だし汁を含んだお菜はそこはかとなく豊かな味わいになるものです。
 とりわけ、春を迎えたばかりの三月には、菜の花や根三ツ葉、わけぎ、京菜、など、春野菜がたくさん出回りますね。生で量は食べられなくても、さっとゆでた葉野菜は、たっぷり食べられるのでおひたし≠ェおすすめですよ。
 さて、おひたしのコツは、葉野菜をゆでる時の水加減と火加減。
 ここは大きめのお鍋でお湯をたっぷり沸かして、強火でさっとゆでるのが肝要です。そして茹で上がった後からは「早回し」で。ザルに広げてうちわで仰ぐか、いったん冷水に放って、ザルに上げて水分をきゅっと絞る。
 いずれにしても、よけいな水気を切ることが大切です。

 
タブ・ハウス有限会社 Copyright (c) 2009 Tub House Inc.. All rights reserved.

 

HOME